Case

01

栗林総合法律事務所様

ご要望の先にある課題を見据えたサイト制作。公開後のWebマーケティングサポートによりさらなる成長を達成

お客様満足のポイント

流入数、お問い合わせ数ともに増加傾向にあり、特に国際法務の企業案件が増加したため、獲得したいターゲット層に対しての訴求に成功したといえます。公開後、毎月マーケティング会議を実施し、Web解析の情報とお問い合わせの状況や質を確認し、より精度の高いWebマーケティングを実行に移しています。制作にとどまらず、公開後の運用でサイトの改善を重ね続けています。

詳しく見る

Case

02

メディカルバトン株式会社様

市場動向の予測とクライアントの強みを活かしたターゲットの再構築。制作後の運用でさらなるサイト改善を実施

お客様満足のポイント

定期的なお問い合わせが獲得できております。本件はサイト公開後に広告運用を含めたWebマーケティングのサポートも実施させていただいていて、運用を行う中で見えてきたユーザーの動向を元に、さらなる訴求強化のためのサイトの改修もご発注いただきました。

詳しく見る

Case

03

弁護士法人 伏見総合法律事務所様

クライアント特性を捉えた「ホンモノの提案書」。
真の勝利を求めるがゆえの「本音の打合せ」で得た信頼感

お客様満足のポイント

これまで培ってきた信頼関係を生かし、簡単な打合せのみで制作を開始。途中、さほど修正もなく、リニューアルホームページの制作をすることができました。先生からは「よいことはよい、悪いことは悪いと正直に話をしてくれる、本音での提案」に評価をいただいています。また、これは狙いではなかったのですが、集客を意図しない方向でリニューアルをしたにも関わらず、意図に反していまだに週に1回ぐらいの割合で問合せが来ると先生から教えていただきました。

詳しく見る

Case

04

A法律事務所様

「弁護士に依頼すると賠償額が上がるケースが多くある」。
安売りはせずに、ユーザーメリットを打ち出して集客に成功

お客様満足のポイント

「サイト公開以降、ネットからの交通事故関係の集客数が格段に上がりました」とのことで、集客実績のメールをいただきました。クライアント様からのこうしたお知らせは本当にうれしいものですね。また同時に「検索結果も上がってきました!」とお伝えいただきました。

詳しく見る

Case

05

弁護士 香川朋子様

「離婚協議」からさらにインパクトのある絞込みをご提案。
「親権獲得分野に強い女性弁護士のブランディング化」を実現

お客様満足のポイント

「離婚協議サイト」という間口から、「保育心理に精通した女性弁護士による女性のための親権獲得相談サイト」というピンポイントに絞り込んで打ち出したインパクトの強い提案と、先生のご希望であった「柔らかい感じで、落ち着いた上品な仕上がり」のイメージにかなったデザインに評価をいただきました。シミュレーターも好評で、サイトを通じた集客も順調とのことでした。

詳しく見る

Case

06

小林一行司法書士事務所様

広告を投下しても反応のなかった自己破産専門サイトを
「事後処理を安心して任せられる」切り口を見い出し、成功

お客様満足のポイント

目的を特化させた専門サイトの中で、ご自身も気づいておられない「フレンドリーさ、親しみやすさ」という特徴を「事後処理」という切り口に反映させてご提案できたことをご評価いただきました。何よりもクライアントが望んでいた定期的なコンバージョンが得られるようになり、「ほとんどの方が事後処理でお電話してくださるんです」というお言葉を頂きました。

詳しく見る