Outline

概要

団体の役割や事例を分かりやすく伝えるサイト

欠陥住宅のトラブル解決を行う弁護士や建築士で組織された、欠陥住宅京都ネット様のホームページをリニューアルさせていただきました。どのような団体なのかを発信していけるようなサイトを目指し、全体的にシンプルなデザインにまとめました。欠陥住宅で悩む生活者の中には、そもそもこのような団体があること自体を知らない方も多いため、文字と写真をうまく活用して、団体の役割や事例などをわかりやすく伝える構成となっております。

Request

ご依頼時の状況とご要望

  • どのような団体なのかをしっかりと伝えるサイトにしたい

Strategy

戦略

「信頼感・清潔感・誠実さ」を印象付けるデザイン

欠陥住宅京都ネットとはどういう団体なのか、団体の役割や事例などを文章と画像でユーザーに理解してもらえるように、全体的にシンプルに仕上げました。トップページでは「信頼感・清潔感・誠実さ」の印象付けを重視し、あえて欠陥住宅の不安感はあまり出さない方向で作成しました。不信感を与えてしまわないためにもCVボタンをアピールすることはせず、すぐにフォームに飛べるようにヘッダーを追従させる仕様にしています。

Design

デザイン

デザインのコンセプトは「信頼感・清潔感・誠実さ」です。業種的には士業系に分類されるため、住宅や家族の画像を使いつつも住宅メーカーのような雰囲気にならないように、フォントや罫線などの細かい部分で調整しました。メインビジュアルでは3枚の画像をスライド表示させ、キャッチコピー部分は固定としています。欠陥住宅の画像など、不安を煽るビジュアルではなく、キャッチコピーに合うビジュアルを採用しています。

TOP PCデザイン
TOP SPデザイン
事業所名
欠陥住宅 京都ネット
URL
https://www.kekkan.net/kyoto/

Other Works

その他の実績